想いを形にする

  • 1高齢の両親が財産管理を子供に託したい
  • 2自分の死後、認知症になった後でも特定の家族を保護したい
  • 3財産の後継者を何代にも渡り指名したい

福祉型信託

1高齢化支援信託

【目 的】
高齢者の財産を管理し、生活・医療介護費用等を給付するもの。
【利 点】
本人が高齢のため管理できなくなった財産を管理するもので、成年後見制度の機能を一部肩代わりするもの。

2親亡き後支援信託

【目 的】
保護が必要な子供等を扶養する親族の財産を管理し、その親族の死亡後に、親族に代わり扶養が必要な子供等に生活・医療・教育費等を給付するもの。
【利 点】
保護を必要とする子供等の生活状況の変化に応じて、臨機応変な経済的支援を可能にするもの。

運用型信託

1不動産運用支援信託

【目 的】
親等の不動産の名義を子供が取得し、その不動産を運用して価値を高め、その利益を親等が取得するもの。
【利 点】
債務付きで信託ができ、また新規借入も出来るので、子供が親等のローン借換や繰り上げ返済をし、また親等の相続時の債務控除の対象となる新たな借入をする事が可能。

2株式管理処分支援信託

【目 的】
企業経営者が経営支配のため保有している自社株式を後継者が取得し、株主であった企業経営者は剰余金の配当等の利益を取得するもの。

承継型信託

1遺言代用信託

【目 的】
受益者死亡により信託を終了させ、不動産、株式(経営権を確保するための自社株式を含む)金銭等の信託財産を特定の者(相続人のうち特定の者)に帰属させるもの。
【利 点】
すでに財産の名義は次世代の後継者に移転しているので、遺言のように執行者を介することなく財産が承継できる。ただし、この承継が相続人の遺留分を侵害していれば減殺請求を受ける。

2後継ぎ遺贈支援信託

【目 的】
受益者死亡により信託が終了せず、不動産等の信託財産を受益権として、特定の者へ順次取得させるもの。
【利 点】
再婚配偶者、障害のある者、子供のいない者を当初の受益者である自分の後の受益者(第2次受益者)として、その第2次受益者の相続開始の後は別の者(第3次受益者~)に承継させる事ができる。

お問合せはこちら
受付時間 9:00~20:00

047-702-3129

メールフォーム