このような時は成年後見制度の利用をご検討ください

  • 不動産を売却して生活費、介護費用、施設入所費用に充てたい
  • 介護サービス利用、施設入所に際し契約手続きをする必要がある
  • 離れて暮らす親に認知症の疑いがあり、詐欺にあわないか心配
  • 判断能力が衰えてきたので財産管理、日常生活が不安
  • 障害のある子供の将来が不安

成年後見制度には3つの類型があります

1
後 見
2
保 佐
3
補 助

本人、4親等以内の親族からの申立により判断能力の程度に応じて家庭裁判所による審判がなされます。成年後見人の経験が豊富な司法書士が申立書類作成、成年後見人に就任して、本人とご家族をサポートいたします。

料金

後見申立費用
報酬70,000円(税別)+実費
成年後見人報酬
家庭裁判所が定める規定による
任意後見制度についてのご相談も承ります。

任意後見制度とは

今は問題なく暮らしているが、自分の老後、将来が不安な方がご自身が希望した方と公証役場で任意後見契約を結び、判断能力が衰えてきた時に、財産管理と身上監護をお任せする制度です。
任意後見が始まるまで、任意代理契約を結び財産管理等をお任せする事もできます。

お問合せはこちら
受付時間 9:00~20:00

047-702-3129

メールフォーム